痒みに関する人体実験


『痒みに関する人体実験 1』

 病院では半袖の白衣で生活しているが,空気が乾燥しているためか,時々,露出部の前腕などが猛烈に痒くなる事がある。こういう時に掻くと気持ちいいが,気持ちがいいのはその時だけで,掻いた後に更に痒くなる。どうも,掻くことによって皮膚が傷つけられ,それで更に痒みが惹起されているらしい。皮膚が傷つくと痛いけれど,痒みと言うのは実は,「一番軽い痛み」なんでしょう。

 キズがついて痒いのであればキズを治せば痒みはなくなる,というわけで,ワセリンを塗ったり,フィルム材を張っておくと,実は痒みは止まってしまう。これらを塗布したり貼付したりすると,掻いても皮膚が傷つくわけでないから,そのうち痒みも忘れちゃう。

 そこで自分の体を使って人体実験してみた。痒くなったところの半分はワセリン,残り半分は痒み止め軟膏(ステロイド入り)を塗布してみた。何度か試してみたが,両者で差があるのは塗布した直後だけで,5〜10分すると両者で差はなくなるようだ。つまり,ワセリン単独と痒み止め軟膏で,痒みを抑える効果に差はないような感じなのである。

 もしかしたら,痒み止め軟膏の痒み止め効果って,単に「傷ついた皮膚表面を油脂性基剤で覆った」ことによる保護効果だけじゃないんだろうか? わが身を使った人体実験ではそう推論できそうだ。


『痒みに関する人体実験 2』

 それと,やはり自分を使った人体実験だが,入浴の際に「垢すりタイプのナイロンタオル」で石鹸で洗ったのと,石鹸を手のひらにつけて洗ったのでは,入浴後の痒みがまるで違う。もちろん,前者の方がひどい・・・というか後者にしたら痒みが発生しない。

 どうも,乾燥肌,カサカサ肌にナイロンタオルは使っちゃいけないものらしい。


 そこで提案。上記の人体実験はあくまでN=1であって,これでもって結論を出すのは無理と言うもの。そこで勇気ある皆様にしていただきたいのは,「わが身を使った人体実験と結果」の報告です。実験デザインは次の通り。

  1. 痒みは「ナイロンタオルに石鹸をたっぷりつけてゴシゴシこすって」人工的に惹起させたものとする(確実に痒みを惹起できそうだから)
  2. 痒みのある部分を3等分し,それぞれを「何もしない」,「ワセリンかプラスチベース塗布(あるいはフィルム材貼付)」,「痒み止め軟膏塗布(±ステロイド)」に分ける。
  3. どのくらいの時間で痒みが止まったか,10分後,20分後・・・1時間後にはどうなったかを記録。
  4. 上記の処置後,痒みに負けて掻いた場合,掻かないように我慢した場合のデータもあれば,尚いいと思う。
  5. 可能であれば,double blind方式が望ましいが,軟膏の外見でわかってしまう可能性があり,ちょっと無理か?


 お暇がある方で,この「痒みに関する人体実験」に参加してみようと言う奇特な方がいらっしゃいましたら,是非,データをお寄せ下さい。


 なお,上記の実験のアイディアを元にして実験して,論文を書いたり学会で発表したりする方がいらっしゃっても,それはそれで構いませんし,私に断る必要もありません。この程度のアイディアでしたら,いくらでもお使い下さい

(2004/04/06)

左側にフレームが表示されない場合は,ここをクリックしてください