《マッチスティック・メン》 (2003年,アメリカ)


 楽しくてお洒落でホロリとさせて,おまけに最後まで観客を飽きさせない仕掛けがしてある犯罪コメディー映画。えっ,このままで終わっちゃうの,と思っていたら最後に爽やかな感動が! まだ見ていない人にはオススメです。


 主人公のロイ(ニコラス・ケイジ)は詐欺師で,彼を師匠と慕うフランク(サム・ロックウェル)と組んでケチな詐欺から大掛かりな詐欺まで,色々やっては稼いでいた。しかし,そのロイには一つ悩みがあった。極度の強迫神経症なのだ。絨毯のゴミは気になるし,ドアも3回開け閉めしなければいけないし,汚れたものに触れないし,広い場所が苦手・・・という具合なので,精神分析医が処方してくれた精神安定薬を片時も手放せなかった。

 しかし,その主治医が夜逃げしてしまって行方不明になってしまう。ロイは途方にくれるが,そんな時,相棒のフランクが腕のいい精神分析医を紹介してくれる。その医師の質問に答えるうちに,彼の不安の根源が独身生活にあり,ロイの暴力で家を飛び出したかつての奥さんに連絡を取ってみたら,と勧められる。ロイは電話をかけようとするがどうしてもできない。そこで,精神分析医に自分に替わって電話をかけてくれと頼み,翌日,精神分析医は「実は別れてから出産した女の子がいて会いたがっているらしい」と教えてくれる。そしてついに,14歳の娘,アンジェラ(アリソン・ローマン)に会い,一緒に食事をする。

 数日後,ロイの自宅に突然アンジェラが訪れ,「ママとケンカした。ママとママの恋人は私を邪魔にしていて・・・」と説明し,数日間泊めてくれという。こうして,ロイは突然,14歳の娘の父親になってしまう。降って湧いたような展開に戸惑うロイだが,やがて,子育ても悪くないな,と父親らしくなっていく。

 ちょうどその時,相棒のフランクが「大金持ちのカモを見つけた。こいつを騙してやろうぜ」と持ちかける。そして,次第に信用させてついに8万ドルの詐欺を仕掛けようとするが,決行日時が一日早まってしまったため,アンジェラも連れて行かざるを得なくなったことから,微妙に計画がずれていく・・・というような映画。


 まず,天才的な話術を駆使する詐欺師にして強迫神経症の男を演じるニコラス・ケイジがうまい。小さなホコリも気になって家中をなめるように掃除する場面とか,気の毒なんだけど笑ってしまった。そして,アンジェラの登場により次第に父性愛に目覚め,不器用ながらもちょっとずつ父親らしくなっていく姿は感動的で目頭が熱くなってしまう。

 そして,アンジェラ役のアリソン・ローマンがそれに輪をかけて見事。なんと撮影当時,彼女は24歳なのである。それなのに,実に可憐な14歳を演じきってしまう。もしかしたら,この映画最大の「詐欺」かもしれないぞ・・・ってくらい,彼女の演技には騙されました。実に可愛かったです。そして,アンジェラが次第に詐欺師の才能を見せ,カエルの子はカエル,という感じで面白かったな。


 そして,ラスト20分の緊迫したシーンが連続し,思わぬ方向にストーリーが展開していく。すべてを失ったロイの姿が可哀想に思えたその時,素敵な心温まる結末が待っている。このラストは本当に印象的。よかったね,ロイ。

 ラスト20分以後の展開は,それまでいくつも伏線が張ってあるために読もうと思えば読めるんだけど,そこをつくのは野暮というものだろう。繰り返してみると,いろいろなところに「なるほど,ここはあそこに繋がるのか」というシーンがそこかしこに見つけられるはずだ。そうやって見るのも楽しいと思う。


 というわけで,週末の夜にワインでも飲みながら楽しめて,意外な展開が楽しめて,しかもラストが爽やかな映画が見たい,という人にはいいと思いますよ。

(2008/06/17)

Top Page