《ブラブラバンバン》 (2007年,日本)


 音楽の映画が好きで,頑張る高校生や大学生の映画も好きな私なので,この高校生ブラスバンド映画,ちょっと期待してみたのですが最悪でした。何でこういうクズ映画にしちゃったんでしょうか。原作の漫画を読んだことがないので何ともいえませんが,原作もこういうしょうもない作品だったのでしょうか。

 ストーリーを要約すると,高校に入学してブラスバンド(ブラバン)をやりたがっている男子高校生がいるんだけど,その高校ではブラバン部は廃部状態。そこでブラバンをやりたがっている仲間を集め,ホルンのうまい2年生にも加わってもらい,大会を目指すと言う映画でございます。ま,要するに《スウィング・ガールズ》とか《リンダ リンダ リンダ》と基本的には同じというか,二番煎じ,三番煎じという内容なのですが,映画としてきちんと作られていれば,二番煎じだろうが三番だろうが気にはなりません。ところが,この作品は映画としての作りが極めて雑なのです。

 何が原因か。それはヴォーカリストの安良城紅(あらしろ べに,1986年3月生まれ)に主演を演じさせるために作った映画なのに,肝心の彼女に女優としての魅力がなく,そのためにすべてがおかしくなった映画だからだ,といっていいでしょう。要するにですね,そもそもの映画作りの目的が不純なのです。そういう動機の不純さが映画としてのさもしさと薄汚さの原因となっています。安良城さんは美人なんですが,この映画で見る限り「きれいなアダルトビデオ(AV)のお姉さん」にしか見えないんですよ。そういう意味で,彼女にとってもこの映画に出たのは失敗でなかったかと思います。


 と言うわけで,全く褒めるところがない映画なんですが,感想を列記します。


 というわけで,《スウィング・ガールズ》のような傑作かな,と思ってこの映画を見ると絶対に後悔します。単なるクズ映画です。唯一,安良城紅のファンという人だけ見てください。

(2008/12/12)

Top Page