《宇宙戦争2008》 (2005年,アメリカ)


 ま,クズというほどひどくはないけど,SF映画として楽しめるかどうかギリギリのラインじゃないでしょうか。どこかのサイトに書いてあったけど「スタートレックの劣化版」という表現がぴったりです。何でこんな映画を2005年に作ったのか,そちらの方が不思議な感じです。というわけで,こじんまりとした低予算B級映画の典型,というやつでした。ツッコミ・マニアにはかなり楽しい作品でございます。

 ちなみに,このDVDジャケットに出てくるような超大型UFOは登場しませんし,DVDジャケットのように大都市上空をハエのように飛び回ってレーザービームを発射する小型UFOも登場しません。


 時は西暦20XX年,舞台はアメリカのどっか。地球はカルクー星人の猛攻撃を受けて風前の灯でしたのじゃ。地球と桁違いの科学技術力を持つカルクー星人に地球の軍事力はなすすべなく,ついに,人類はカルクー星人の要求を呑むことになったのじゃ。その要求とは何か。それは「地球人800万人を生贄として差し出せ」というもの。なぜかというと,彼らの故郷であるカルクー星では治療法のない謎のウイルスによる伝染病が蔓延していて,地球人の血清のみが唯一の治療法だったからじゃ。そして各国ごとに拠出する人間の数を決め,アメリカでは80万人を選ぶことになったのじゃ。ある国では囚人を犠牲者に選んだが,アメリカでは「何でも公平だ。それがアメリカの精神だ」と言ったかどうかは不明じゃが,抽選で80万人を選ぶことになったのじゃ。そして,宇宙研究をしているチェイス博士の一人娘までもが抽選に当たって(?)しまったのじゃ。

 実はカルクー星人達はそれまでも何度も地球に来ていて,1947年にはUFO墜落事故を起こしたり,ロズウェル事件を起こしておったのじゃ。その墜落したUFOの研究を密かに続けていたんじゃが,現在,その研究の中心にいたのがチェイス博士じゃ。そして彼は墜落したUFOにあった謎の鉱石を使うと何でも溶かしてしまう高出力レーザービーム砲が作れることを突き止めておったんじゃよ。

 そして,愛する娘を救うことを博士は決意し,カルクー星人とそれに迎合する政府に反抗するレジスタンス組織の協力を得て娘の奪還に向かい,何とか再開したものの,そこでUFOの攻撃を受け・・・というお話じゃよ。


 あまりにもツッコミどころ満載のため,まともに評論するのも馬鹿馬鹿しいので,ストーリーと順不同にツッコミを入れます。


 というわけで,この解説を読んでもまだなお地雷原を踏んでみたい,という勇気ある映画ファンのみ,ご覧下さい。

(2009/03/19)

Top Page