《エイリアン・シューター》★★ (2005年,カナダ)


 カナダ人って時々変な映画を作ります。これもその一つ。宇宙はヴァンパイアで一杯だった,という設定からしておかしいです。で,ヴァンパイアと言っときながら,登場するのはゾンビというか人食い宇宙人ばかりです。本物のヴァンパイアさんは一人しか登場しません。おいおい,「宇宙はヴァンパイアで一杯」ってどこに行ったんだよ。

 ・・・という程度の映画なんですが,スプラッター度はわりかし高めで引きちぎられた死体が最初からバンバン出てくるし,襲いかかってくるザコ・ヴァンパイアをバンバン銃で撃ち殺していくところなんざ,ほとんどゲームをみているような感じです。

 ご多分に洩れず低予算映画ですが,この手の映画が好きな人やツッコミ・マニアなら,それなりに楽しめるレベルじゃないかと思います。


 と言うわけで,とりあえずストーリー。

 時は2210年,人類は原子力エンジンを自由に操れるようになり,様々な星の資源を求めて宇宙の至る所に進出していた。しかし,宇宙は甘くなかった。実は宇宙に存在する知的生命体は(人類以外は)すべてヴァンパイアであり,次々と開拓地が襲われていった。

 そこで民間会社のV-SAN社ってのがヴァンパイア狩り専門の人間を雇って,SOSを求めてきた星に宇宙船を派遣しては人命救助に当たっていた。そして今日も,助けを求める緊急通信をキャッチし彼らの出番となったが,そこで彼らは恐るべき事実を知る・・・ってな感じでございます。


 「地球人以外の知的生命体はすべてヴァンパイア」って設定にまずツッコミが入りまくりです。おまえ等,その星に人類が進出するまで,誰の血を吸って生きていたんだよ。ヴァンパイアしかいないんだったら何を食料にしていたんだよ。ま,たぶん,共食いでもしていたんでしょうと勝手に納得するのが大人の知恵,ってやつです。

 おまけにこのヴァンパイアさんたち,やたらと種族が多くて(そりゃ,宇宙のあちこちで独自に進化したんだろうから当たり前か),死肉をパクパク食べる種族,食べた後に皮をはいでかぶっちゃうのが趣味の種族,巨大なマイマイカブリの幼虫みたいな種族,そして,どうみてもお前は普通のエイリアンだろうという身の丈5メートルくらいありそうな種族まで多種多様です。ま,見ている方は「次は何かな? 何が出るかな?」って楽しいですけどね。

 おまけに,どの種族も英語で会話できます。「マイマイカブリの幼虫」だけはヴァンパイア語しか喋れませんが,とりあえず英語さえ喋れれば宇宙人と会話が楽しめます。2210年には「駅前留学」ならぬ「宇宙基地前留学」が流行っていると思われます。


 ウジャウジャいるヴァンパイアさんたちに立ち向かうV-SAN社の隊員ですがわずか5人です。5人で宇宙を飛び回るのはきついだろう,労働基準監督署が黙っていないだろう,君たちもサービス残業しているのかと余計な心配をしてしまいます。

 で,5人の構成は次の通り。船長はどんな困難な状況にも臨機応変に対処するいかにも頼れそうなおじさん,そしてその彼に見込まれて宇宙船クルーに加わったばかりの若い副隊長,男勝りで口の悪い中国人女性,いつもカウボーイハットをかぶっている大柄な男,そしてヴァンパイアでありながら人間に協力する美女と,個性的な面々です。中国人と大男はことあるごとにヴァンパイア美女と新入りの副隊長と反発します。特に,新入り副隊長の初めての任務で隊長があっさりと敵にやられてしまったため,「お前のせいであの隊長が・・・」と対立が激化します。でも大丈夫,いくつかの戦闘を乗り越えてみんなの心は一つになっていくのです。まぁ,少年ジャンプにはよくある展開ですけどね。

 問題は,ここまで濃ゆい面々が集まっているのに,過去が明かされるのは副隊長とヴァンパイア美女だけで,中国人と大男がどんな経緯でクルーに加わったのかは最後まで不明。人間関係の変化をここまで描くのだったら,彼らの過去も描いてほしかったです。そうそう,中国人兵士は美人ではありませんが,ヴァンパイア兵士は妖艶な感じでよろしかったです。

 そういえば,宇宙ヴァンパイアと結託する人間のお姉さん,ってのも登場してました。「宇宙から人間を追い出せ」と主張する団体のようです。何でも,「数百年前,白人はアメリカ大陸に侵入し,先住民を殺しまくり,資源を略奪した。そして今,人類は宇宙に対して同じ過ちをしている」のだそうです。言っていることはわかるのですが,宇宙から人間がいなくなったら,一番困るのは宇宙ヴァンパイアの皆様じゃないでしょうか。食料がなくなっちゃいますから・・・。


 彼らは宇宙のあちこちに行ってはヴァンパイア狩りを続けるのですが,ロケ地は近くの砂漠とか岩山とか途洞窟とか移動の途中で見つけた廃棄された工場とか,そういうのばっかです。全然金がかかっていません。

 金がかかっていないと言えば,人間様が持っている武器がチャチでしたね。普通のライフル銃とグレネードを装着したマシンガン(?),あと金属の槍だけです。舞台は23世紀,つまりドラえもんがそこらにいる時代のはずですから,せめて空気砲くらい出して欲しかったです。

(2009/10/22)

Top Page