《凶悪海域 シャーク・スウォーム 'Shark Swarm'★★(2008年,アメリカ)


 恐らく、前代未聞の鮫パニック映画です。こんな鮫パニック映画、私は観たことがありません。何がスゴいかというと、160分という前代未聞の長さです。普通、動物パニック映画ってのは長くて100分と相場が決まっています。なぜその程度の長さかというと、動物パニック映画というやつはストーリーが単純なので長くならないからです。

 たとえば鮫パニック映画の場合、〔海岸の町でリゾート開発の話が持ち上がる〕⇒〔最初の犠牲者が鮫に喰われる(イチャイチャしているカップルが最初の犠牲者、というのが定石だな)〕⇒〔ヒーロー(ヒロイン)はその計画に「自然を破壊するのは許されない」とか言って反対〕⇒〔鮫の犠牲者が発見され大騒ぎ〕⇒〔開発会社の社長は開発計画と鮫は無関係と宣伝〕⇒〔ヒーロー(ヒロイン)は危険が迫っていると警告するが誰も聞く耳持たず〕⇒〔地元のお祭り〕⇒〔そこに鮫がやってきてお食事タイム〕⇒〔ヒーロー(ヒロイン)が鮫退治〕⇒・・・という、判で押したようなストーリーなので、手際よく編集した映画なら80分で収まるわけです。

 それをなんとこの映画は、ハリウッド超大作歴史絵巻映画級の160分にしちゃったのです。しかも、160分に引き延ばすために余計なエピソードと余計な登場人物と、余計なエピソード(家族愛、多彩な恋愛)を詰め込めるだけ詰め込んだのです。その結果、パニック映画としては超ツマラナくなり、ストーリーのテンポは悪く、最後まで観続けるのがこんなにシンドい映画も久しぶり、という悲惨な映画になっちゃいました。

 おまけに、どうやらテレビ向けに作られた映画らしく、前編80分、後編80分を繋げ、コマーシャルが入る部分は黒くフェイドアウトして場面転換となります。それが延々と160分間ですぜ。まさに、忍耐力が試される映画です。

 ちなみに、このDVDジャケットのようなステキな場面は全くありません。


 ストーリーはこんな感じ。

 舞台はカリフォルニアのどっかの湾に面した田舎の港町。かつて漁業で潤っていましたが、最近、魚が全く穫れなくなり、住民は皆困っています。そして、この町をリゾート開発してリゾートマンションを作ろうとしている企業があり、住民たちの土地を高額で買い取っていて、既に多くの住民たちが土地の権利を売り払っている模様です。

 しかし、実はこの会社は漁業を成り立たなくするために海に廃棄物(?)をまき散らして死の海にして漁業を壊滅させ、漁民たちを追い払おうとしていたのです。

 しかし、その廃棄物のために鮫は巨大化・凶暴化し、おまけに魚もいなくなったため、次々と人を襲い始め、犠牲者が増えていきます。

 海の異変に気がついた一人の漁師が立ち上がり、海洋生物学者の弟の協力を得て、悪徳企業の悪巧みを阻止しようとしますが・・・というナイスなお話でございます。


 こんな単純な話をですね、どうやったら160分映画に引き延ばせるか、そちらの方が不思議でしょう? それをやっちまった訳ですよ、この映画は・・・。まぁ、こんなクズ映画を見る人はいないだろうと思いますが、念のために順不同でツッコミを入れときますね。


 ってなわけで、3時間をドブに捨てたい人にだけオススメできる鮫がウジャウジャ登場するクズ映画でございました。

(2011/01/27)

Top Page