《クララ・シューマン 愛の協奏曲》★★(2008年,ドイツ/フランス/ハンガリー)


 ここ数年,クラシック音楽の作曲家や演奏家を取り上げた映画が多く,クラシック音楽好きとしては避けて通れないところだが,どうも出来のよくない映画のほうが多いのである。その原因は多分,映画の作り手がその映画で取り上げた作曲家にそもそも興味がないのか,あるいは単なるメロドラマを作りたくて音楽なんてどうでもいいか,いずれかだろう。

 そしてこのシューマンの映画だが,残念ながら凡作だった。前回紹介したショパン映画のように「見るも無残」というほどひどくはないけれど,クラシック音楽ファンをも唸らせるような深みはないし,「ブラームスとクララの恋愛」にしても現在では「証拠なし」と断定されているため,21世紀の今,「エビデンスなし伝記映画」を作ってもしょうがないような気がする。
 そして何より,この映画を見てもシューマンの音楽の魅力(・・・と書いたが,実は私はシューマンのピアノ曲は嫌いである)は伝わってこないし,クララ・シューマンがどれほど傑出したピアニストだったのかもこの映画からはわからないし,若きブラームスの天才ぶりも伝わってこない。

 何より駄目なのは,この映画で描きたかったのがシューマン夫妻の愛情なのか,ブラームスとクララのプラトニック・ラブなのか,それが最後までぼやけたままなことだ。こんな事なら,クララ・シューマンという女性の生涯にだけ焦点を合わせ,当時の演奏会の常識を打ち破った偉大なピアニストにして,作曲家ロベルト・シューマンを支えた女性,そしてブラームスが女神のように讃えた演奏家・・・という物語にすべきだったと思う。


 ロベルト・シューマン(パスカル・グレゴリー)と妻のクララ・シューマン(マルティナ・ゲデック)はヨーロッパ中を演奏旅行に明け暮れる日々を送っていて,ロベルトはそういう生活に次第に疲れていたが,1850年にデュッセルドルフの音楽監督の職を得てようやく安住の地に落ち着くことができた。そして,ピアニストの妻クララはそういう夫を支えていた。しかしその頃からロベルトは「頭の中で鳴り響く音」に悩まされるようになっていた。

 その頃,ロベルトのもとに「私の曲を見て下さい」と楽譜を一方的に送りつけてきた若者がいた。まだ20歳の酒場のピアノ弾き,ヨハネス・ブラームス(マリック・ジディ)だ。当時のドイツ音楽界では,ロベルトは「ベートーヴェンの後継者」と目されていたが,ブラームスの荒削りのピアノソナタの背後に恐るべき才能が隠されていることを感じ取り,彼こそが「真のベートーヴェンの後継者」であることを知る。そしてロベルトは自宅の一室にブラームスを住まわせる。

 シューマン夫妻の子供たち(ちなみに,ロベルトとクララの間には8人の子供が生まれている)はすぐにブラームスになつき(何しろ,父親のロベルトは頭痛持ちで子供たちの遊び声も耐えられなかった),一方,ブラームスは自作の「ソナタ第2番」をクララに捧げた。ブラームスにとってクララは偉大な演奏家であり女神のような存在だったが,次第に彼はクララ本人への恋愛感情を抱くようになる。それを知ったロベルトは苦悩し,酒に溺れ,次第に精神を病んでいった。

 そんな中でロベルトは『交響曲第3番 ライン』を完成させ,妻のクララの助けを借りて初演にこぎつけるが,演奏は観客総立ちの大成功となり,この交響曲は不朽の名作の評判を得る。しかし,ロベルトの精神の病は進行し,彼はライン川に投身自殺し・・・という映画である。


 この映画の大前提は「クララ・シューマンとブラームスの間には恋愛感情があった」ということだ。実際,二人は非常に親しい関係であったし,ロベルトの死後,クララとその子供たちをブラームスが助けたのも事実だ。しかし,二人の間に恋愛感情があったと断言する証拠はなく,あるのはせいぜい「なんちゃって状況証拠」だけである。何しろブラームスにはアガーテ(ブラームスの『弦楽六重奏曲第2番』はこの女性の名前をとって「アガーテ六重奏曲」と呼ばれている)という女性との婚約不履行という前科もあり,マザコン男だったのではないかとする説も根強い。要するに,この映画の大前提自体が怪しいのである。

 しかも,この映画ではロベルトの精神異常の原因を「妻クララと若き天才ブラームスの不貞(?)関係に悩んだこと」としているが,これは明らかに誤りだ。シューマンの死因については19世紀後半にカルテが公開されていて,彼の精神異常の原因は脳梅毒(クララとの結婚前に娼婦から伝染されたらしい)であり,解剖所見からもそれが裏付けられているのだ。つまり,ブラームスがいてもいなくても,ロベルトは発狂して死んだのだ。ちなみに,ロベルトは1854年頃から精神病院に入院していて,当時から脳梅毒と診断されていたが,それは妻のクララには伝えられず,彼女が事実を知ったのは最晩年のことらしく,激しいショックを受けたことが記されている。ちなみに,クララは「ほとんど毎年妊娠していた」が,それでも梅毒が伝染らなかったようだ。


 というわけで,最初の時点でイエローカードが出てしまう映画であるが,その他について気が付いたことを箇条書きにする。

(2012/04/17)

Top Page