1歳3ヶ月女児
 2013年4月3日にアイロンで左手背に熱傷受傷。〇〇大学△△病院形成外科を受診し,ソフラチュールガーゼとゲンタシン軟膏の治療を受けていた。深い熱傷で直ちに皮膚移植しないと手が動かなくなる,と説明された。両親が「手術をしない熱唱治療」についてネットで検索し,5月16日に当科を受診した。
 当科では,プラスモイスト®で治療。肥厚性瘢痕を生じ,7月よりドレニゾンテープで治療。2014年5月現在,軽度の肥厚性瘢痕と瘢痕拘縮を認めるが,屈曲障害は認められず,経過観察中である。

2013年4月19日 4月26日 5月2日 5月9日
5月16日 5月24日 5月31日 6月14日
7月8日 7月24日
ドレニゾンテープ開始
9月9日:143日後 11月6日:201日後
2014年1月9日:265日後 3月5日:320日後 5月20日:396日後

2015年8月14日:848日後 8月14日


 形成外科医,熱傷専門医の間では「手背は皮膚が薄いので,深い熱傷では容易に伸筋腱が露出してしまう。腱が露出するとその上に植皮は生着しない。だから手背熱傷は早期に皮膚移植すべきである」というのが常識である。この論理のどこに間違いがあるかお分かりだろうか。

 もちろん,深い手背熱傷であっても,湿潤治療なら問題なく治ってしまうが・・・。

【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/844/index.htm】

左側にフレームが表示されない場合は,ここをクリックしてください