45歳女性。
 2011年5月1日,蝋燭の火が衣服に燃え移り,右上肢に熱傷受傷。〇〇医科大学病院形成外科で通院治療を受けているが,数日前に皮膚移植が必要と言われた。その説明に不安になり,ネットで調べて石岡第一病院傷の治療センターを受診。
 プラスモイスト(R)で治療を行った。2012年1月ころから肥厚性瘢痕に対し,ドレニゾンテープで治療を開始。2012年4月以降は光が丘病院に通院している(ちなみに自宅は渋谷区)

2011年5月12日 5月20日 6月1日 6月15日
7月6日 8月16日 10月21日 2012年1月31日
7月25日 10月29日 2013年4月25日 7月23日


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/434/index.htm】

左側にフレームが表示されない場合は,ここをクリックしてください