72歳女。
 2019年5月14日,右示指のヘバーデン結節で〇〇大学△△病院整形外科で手術を受けたが,術後,爪が2つに分離し,治らなくなった。整形外科医に相談しても治療法はないと説明されたため,ネットで検索。
 2020年2月28日,当院を受診。爪床中央部が瘢痕化したための変形で,瘢痕を切除して湿潤療法をすると,ある程度爪床が再生するかもしれない,と説明。少しでも変形が治ればいいです,とのことで直ちに手術を開始。
 局所麻酔下に抜爪し,線上の瘢痕を末節骨表面に達するまで切除し,ヘモスタパッドで被覆。翌日からはプラスモイストで治療。

2月28日

2月29日 4月7日
39日後
4月28日
60日後
5月29日
91日後

6月10日
103日後
7月1日
124日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/3427/index.htm】

【なつい式湿潤療法®
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】