23歳女。
 2019年9月16日,中野駅のホームが混雑していて,後ろから押されてホームと電車の間に右足が入って右下腿前面を強打。傷がなく腫れているだけなので様子を見ていたが,1週間後に痛みが突然出現したため,〇〇病院整形外科を受診。CTで血液が溜まっていると言われ,抗生剤のみ処方された。数日後,皮膚が黒くなって壊死したため再受診したが,同院外科を紹介され,壊死組織を切除。ブロメライン,プロスタンディン軟膏が処方され,外来通院で処置。数日前,フィブラストスプレー®が処方され,これで治らなければ皮膚移植をすると説明された。
 実家の母親がネットを調べて,今はガーゼは使わないのが常識だと教えてくれ,当院を受診するようアドバイス。
 10月28日に当院を受診。下腿打撲後の血腫形成が皮膚壊死を起こすメカニズムを説明。創部はズイコウパッドで被覆。

10月28日 11月6日
9日後
11月22日
25日後
12月13日
46日後

2020年1月10日
76日後
1月31日
95日後
2月21日
116日後
3月25日
149日後

3月30日
154日後
4月11日
166日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/3331/index.htm】

【なつい式湿潤療法®
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】