36歳男性。
 15歳ころ,全身倦怠から糖尿病が発見され,インスリン治療となったが,その後,事故判断で中断した。その後も,調子が悪くなってはインスリン治療となり,いつの間にか中断,と言う生活を繰り返していた。
 2013年2月ころから左足外果に傷ができて治らなくなり,〇〇病院を受診。高血糖(血糖値600mg/dl,HbA1c 20.2%)が発見されたが,インスリン治療は拒否し,内服薬のみの治療となった。4月に当院内科紹介となり入院。
 治療は「皮膚を切開し,ドレナージルートを確保。壊死した腱は切除。創部は穴あきポリ袋+紙おむつで被覆」という方針で行った。抗生剤・外用剤は一切投与していない。

2013年4月24日
壊死した腱が飛び出している。
これは切除した
全て皮下でつながっている 4月26日
局所麻酔下に切開
腱が露出した
4月30日
腱が溶けてきた
5月7日
融解した腱を切除
遠位の瘻孔は閉じた
5月13日 5月30日
隠れていた壊死した腱を切除
6月10日
7月5日 7月19日
治癒した
9月24日 2013年12月24日
再発なし

2015年4月20日
725日後
2016年1月29日
1010日後
11月18日
1305日後
2017年2月3日
1409日後

5月29日:1496日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/318/index.htm】

左側にフレームが表示されない場合は,ここをクリックしてください