1歳1ヶ月女。
 生来,左前腕に扁平母斑があり,2018年12月15日に〇〇皮膚科クリニックでルビーレーザ治療。17日に再受診し,ハイドロコロイドを貼付され,1週間張りっぱなしにして絶対にはがさないように説明された。しかし,液漏れがひどかったため,23日に剥がしてみたら傷が深くなっていた。25日に受診すると,イソジンとソフラチュールで治療するように説明され,深い傷で直ちに移植が必要と説明された。母親は直ちにネット検索。
 12月28日,当院受診。深い潰瘍だが,皮膚移植しなくても治ることを説明し,ズイコウパッドで治療。3ヶ月かけて上皮化が得られた。5月18日よりドレニゾンテープで飛行製版の治療を開始。

2018年12月28日 2019年1月7日 1月11日 1月16日

1月22日
25日後
1月26日
29日後
2月4日
38日後
2月13日
47日後

2月22日
56日後
3月1日
63日後
3月15日
77日後
3月29日
91日後

4月10日
103日後
5月18日
141日後
7月8日
192日後
9月4日
250日後

2019年7月以降の写真を見ると明らかだが,扁平母斑は再発し,レーザーは無効だったことがわかる(瘢痕上下の褐色の色素斑が扁平母斑)。結果的に言えば,母斑はそのままで瘢痕が付加されたことになる。

10月30日
306日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/3132/index.htm】

【なつい式湿潤療法®
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】