1歳10ヶ月女
 2018年9月23日,長崎の母親の実家で使い終わって高い棚に乗せていたヘアアイロンの電気コードを引っ張って落とし,左手関節部に熱傷受傷。〇〇病院救急室を受診して軟膏ガーゼで治療。以後,同院形成外科に通院し,軟膏ガーゼの治療を受けたが,深いヤケドで皮膚移植が必要と何度も説明された。10月7日に東京に戻り,△△大学病院形成外科を受診したが,直ちに皮膚移植しないと治らないし,手が動かなくなると説明された。帰宅後,母親がネットで熱傷治療について検索。
 10月12日,当院受診。ハイドロコロイド被覆材で治療し,上皮化した。
 11月19日から,肥厚性瘢痕に対しドレニゾンテープの治療を開始。ちなみに,手関節の運動障害は起きていない。

2018年10月12日 10月15日 10月17日 10月22日

10月29日
17日後
11月5日
24日後
11月12日
31日後
11月19日
38日後

12月17日
66日後
2019年3月23日
162日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/3074/index.htm】

【なつい式湿潤療法®
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】