【なつい式湿潤療法®
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】

 47歳男。千葉県北東部。
 2018年6月8日,自宅裏で焚き火をしようとして,火の付きが悪いためラジコンの燃料(アルコール+ニトログリセリン)をかけたところ爆発してズボンに引火。〇〇病院に救急搬送されて治療を受け,以後,同院形成外科に通院している。石鹸でよく洗うように指導され,ゲーベンクリーム®メロリンガーゼ®で治療。手術しないと治らないと何度も説明を受けたがその都度拒否した。そこまで言うのならと,主治医は当院に紹介状を書いてくれた。
 7月17日,当院を受診。右下腿の全周性3度熱傷で,壊死組織が付着していた。ゲーベンクリームと石鹸洗浄,メロリーガーゼで傷が深くなった熱傷だが手術しないで完治化膿であると説明。ズイコウパッドで治療。
 治療初期,創部の臭気が強くなったため,ズイコウ キズ消臭シートをズイコウパッドの上に貼付しただけで臭気は全く外に漏れなくなり,日常生活の支障はなくなった。

7月17日

7月20日

7月23日:6日後

7月30日:13日後

8月6日:20日後

8月17日:31日後

8月31日:45日後

9月19日:64日後

10月16日:91日後

11月16日:121日後

12月17日:153日後

2019年1月16日:183日後

2月18日:216日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/3010/index.htm】