61歳女。23区東部
 2週間前に転倒して右下腿を強打。傷が浅かったので様子を見ていたが,色が黒くなって痛みが出たため,ネットで「怪我の治療 専門」と検索。
 2018年4月16日,当院受診。「打撲後血腫形成⇒血腫による圧迫で皮膚壊死」と診断し,局所麻酔下に壊死組織を切除し,大量の血腫を摘出。ペンローズドレーンを留置した。創部はズイコウパッドで被覆。
 その後,皮膚が壊死したが自然に融解して取れ,2ヶ月半で上皮化が得られた。

4月16日 4月16日 4月18日 4月20日

4月23日
7日後
4月25日
9日後
4月28日
12日後
5月1日
15日後

5月9日
23日後
5月18日
32日後
5月29日
43日後
6月5日
50日後

6月12日
57日後
6月19日
64日後
7月4日
79日後
8月1日
107日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/2952/index.htm】
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】