64歳男。埼玉県南部東寄り。
 35歳で糖尿病発症。52歳で糖尿病性腎症から人工透析,網膜症でレーザー治療。53歳,糖尿病性潰瘍で左第5趾切断。
 2018年2月4日,以前からhammer toe変形のあった左第2趾背側に潰瘍が発生。〇〇病院皮膚科を受診し,ユーパスタが処方されたが,治らないためフィブラストスプレー®ゲーベンクリーム®アクトシン軟膏®と次々に処方された。それでも治らないため,第2趾は根本で切断しか治療法はないと説明されている。
 家族がネットで調べ,4月2日に当院受診。湿潤治療について説明するとともに,フィブラストスプレー®ゲーベンクリーム®アクトシン軟膏®は全て細胞傷害性があってキズを深くする効果しかなく,激痛をもたらすクズ薬であり,これを処方する医者は不勉強なお馬鹿さんか,サディストであると説明。患者さんと家族はなぜキズが治らなかったのかを理解。
 壊死組織を切除してズイコウパッドで創部被覆。以後は週に1〜2回の頻度で受診してもらい,そのたびに露出している腐骨を除去した。最終的には中節骨は全切除となったと思われる。

4月2日 4月4日 4月9日 4月20日

4月23日
21日後
5月2日
30日後
5月7日
35日後
5月14日
42日後

5月18日
46日後
5月21日
49日後
5月25日
53日後
6月1日
60日後

6月8日
67日後
6月15日
74日後
6月22日
81日後
7月27日
116日後

8月17日
137日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/2929/index.htm】
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】