7ヶ月男。茨城県南部
 2018年2月14日,母親が患児を抱っこしてスープを食べようとしていたところ,患児が容器に手を伸ばしてひっくり返した。〇〇病院を受診し,△△大学付属病院形成外科を紹介され,同日受診,直ちに入院となった。石鹸で洗ってフィブラストスプレー®で治療。処置のたびに大暴れする様子をみた父親は,この治療はおかしいと直感。ネットで熱傷治療について検索。皮膚移植しないと治らないと説明されたことから退院を希望。
 2月26日,当院受診。ズイコウパッドハイドロコロイド被覆材を組み合わせて治療。

2月26日 3月5日

3月13日:15日後 3月20日:22日後

3月27日:29日後 4月4日:37日後

4月28日:61日後 5月14日:77日後

6月2日:96日後 6月23日:117日後

7月14日:138日後 8月25日:180日後

10月27日:243日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/2890/index.htm】
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】