9ヶ月男。埼玉県羽生市
 2015年5月31日,母親が使っていたヘアアイロンを触り右手背に熱傷受傷。直ちに〇〇病院救急室を受診し軟膏で処置。翌日から△△皮膚科医院に通院し,エキザルベ軟膏®で治療。深いヤケドだと説明されたのみで質問しても答えてくれず,不安になった母親がスマホでネット検索し,当科を発見。
 6月3日,当科受診。過去のヘアアイロンによる小児の手熱傷の経過を見せ,どのように治り,どのくらいの跡が残るかを説明し,プラスモイストで治療。
 6月下旬には上皮化が得られたが,軽度肥厚性瘢痕を生じ,7月7日からドレニゾンテープ貼付を開始したが,自分で剥がしてしまい,夜間に眠っている時にだけ貼っている状態,とのこと。。
 なお,母親が100円ショップで見つけた「椅子の脚カバー」が患児の手にピッタリサイズであることに気付き,これに「親指を通す穴」を開けてプラスモイストを固定していた。素晴らしいアイデアである。

6月3日 6月8日 6月15日

6月22日 椅子の脚カバー 可愛い!

7月7日:34日後 7月21日:48日後 8月4日:62日後 9月1日:90日後

2016年2月1日
243日後
4月26日
328日後
6月21日
384日後
6月21日

8月23日
447日後
10月25日
510日後
10月25日 2017年1月17日
594日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/1684/index.htm】

左側にフレームが表示されない場合は,ここをクリックしてください