73歳男。
 3年前より糖尿病,高血圧,不眠症で〇〇病院内科に通院中。糖尿病はアマリール内服で治療。
 左第1趾が黒くなっていることに家族が気付き,4月28日に〇〇病院受診。直ちに当科紹介となった。受診時,第1趾だけでなく他の足趾にも循環不全を認め,足背遠位の皮膚も一部壊死していた。また,全身状態も極めて不良のため,糖尿病内科紹介し,直ちに入院となった。この時は下腿での切断になるかな,と考えていた。創部は「穴あきポリ袋+紙おむつ」(勝手に鳥谷部先生のサイトにリンク)で一応覆っておいた。
 左下肢の動脈の急性閉塞の可能性もあり,心臓血管外科にも紹介。左浅大腿動脈の完全閉塞があり,4月30日に血管内治療を行う。それ以降,壊死の進行はストップし,壊死組織が限局してミイラ化し始め,同時に抗生剤点滴で局所の感染症状も改善してきた。
 内科主治医と相談し「局所の循環が改善したので,壊死組織の切除のみで行けるかもしれません。下腿切断はいつでもできるので,最後の手段としてとっておきましょう」ということになり,壊死した足趾を外来診察室で関節部離断を5月20日から開始。第1趾はIP関節で離断し,その後,突出した基節骨先端を骨鉗子で除去。
 全身状態が改善し,内科的にも問題がなくなったため,外来通院でも治療可能として5月29日に自宅退院となり,以後は週に一度くらいの頻度で通院してもらった。
 7月10日に足背に小さな膿瘍形成を認め,切開排膿し,止血を兼ねてアルギン酸塩被覆材を創内に挿入。
 以後は特に問題はなかったが,10月下旬より夜間就寝すると起座呼吸があり,11月15日から食思不振があり,脱衣も困難になった。11月20日から排泄も全介助となり,同日,当院内科に心不全の診断で入院となった。12月11日に自宅退院。

4月28日    

  
5月18日    5月21日

5月25日  

6月12日  

6月26日:59日後 突出した骨は切除

7月10日:73日後 切開排膿後

7月23日:86日後  

8月7日:101日後    

この足で普通に歩いています。金髪&上下ジーンズの格好いい爺ちゃんです。

8月21日:114日後  

9月4日:129日後  

9月28日:153日後  

10月9日:164日後  

10月26日:181日後  

  
11月9日:195日後      11月26日:212日後

  
12月3日:219日後      12月10日:226日後

2016年1月4日
251日後

2月1日:279日後  

2月29日:307日後  

3月23日:330日後

5月16日:384日後

6月17日:416日後

2017年1月16日:629日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/1609/index.htm】

左側にフレームが表示されない場合は,ここをクリックしてください