48歳男性。
 2012年11月6日午前零時頃,ガスコンロにかけたヤカンを取ろうとして服に引火。右上腕から右側胸部にかけて熱傷受傷。直ちに当院救急外来に救急搬送され,同日,当科受診。
 火炎による熱傷では3度熱傷がほぼ必発のため,治療に長期を要することを説明。創部は「短冊カットゴミ袋+ペット用シーツ」で被覆した。補液は行わず,抗生剤も投与していない。
 この程度の範囲の熱傷では入院は不要と説明して帰宅となった。仕事に関しては「職場に行けそうだったら行ってもいいよ」と説明した。
 「短冊カットゴミ袋+ペット用シーツ」の作り方を指導し,3日目ころから自宅でのドレッシング交換も可能になった。入浴に関しては「シャワーで洗ってもいいし,痛くなければ浴槽に入ってもいいよ。でも,痛かったら入らないでね。ただし,石鹸やボディーソープは創部につけないように」と説明。

2012年11月6日

11月8日

11月9日 11月13日 11月16日

11月22日
16日後
11月26日
20日後
12月3日
27日後

12月10日
34日後
12月20日
44日後

2013年1月17日
72日後
1月24日
79日後

1月31日:86日後

2月14日
100日後
2月21日
107日後

3月14日:128日後

4月11日
156日後
5月9日
184日後

6月13日:219日後

7月11日
247日後
2019年6月12日
2409日後


【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/127/index.htm】

【なつい式湿潤療法®
【なついキズとやけどのクリニック】
【新しい創傷治療】

【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/127/index.htm】

左側にフレームが表示されない場合は,ここをクリックしてください