66歳男。
 2012年7月,急性大動脈解離で〇〇病院心臓外科で緊急手術を受けた。術後,当院心臓血管外科でフォローをしているが,ケロイドの治療を希望し,当科紹介となった。
 初診時,前胸部正中にケロイドを認め,痛痒さを訴えた。ケナコルト®局注を行い,以後,2〜3週間間隔で通院してもらい,その都度,ケナコルト®局注を行った。
 最初の注射から数日後には痛みなどの自覚症状は消失し,ケロイドも平坦になっていった。

9月2日

9月2日 9月22日 10月10日 11月21日
80日後
12月26日
115日後
2015年3月25日
184日後

4月14日
224日後
5月15日
255日後
6月19日
290日後
7月17日
318日後
12月10日
464日後
2016年
1月28日
513日後

3月8日
553日後
3月24日
569日後
6月3日
640日後
8月12日
710日後
11月11日
801日後
2017年2月3日
885日後


 「ケロイドに何度も注射してもらったが,全く効かなかった」と話す患者は非常に多い。そういう場合は,「今回の注射はそれらとは全く異なります。騙されたと思って,この薬の注射をしてみましょう」と説明して注射しますが,次の診察の時は[これはすごく効きますね。もう痛みがなくなりました]と話されることが多い。
 違いは,水溶性ステロイドか,懸濁液かの違いだ。水溶性のステロイドはケロイドにはほとんど聞かないが,ケナコルトのような懸濁液はほぼ確実に効く。

【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/1113/index.htm】

左側にフレームが表示されない場合は,ここをクリックしてください