6歳女児。
 7月8日,カップ麺を食べようとして落としてしまい,両側大腿に熱傷受傷。直ちに〇〇大学病院に救急搬送された。その日は帰宅となったが,両親がインターネットで熱傷治療について調べ,当科に紹介状を書いてもらい,翌日,当科を受診した。
 プラスモイスト(R)で創部を被覆した。外来通院で治療した。なお,左大腿部は軽症熱傷だったため,ここでは右大腿の経過を提示する。

2012年7月9日:外側 正面 内側

7月10日 7月10日 7月10日

7月12日 7月12日 7月12日

7月17日 7月17日 7月17日
一か所だけ深い部分がある

7月20日 7月20日 7月20日

7月25日 7月25日 7月25日

7月31日 7月31日 7月31日

2013年7月1日 7月1日 7月1日

 最後の1年後の写真は,「ヤケドしてから1年が経ち,こんなにきれいになりました。写真を撮って下さい」ということでわざわざ受診くれて撮影できたものだ。「1年後には何もしなくてもこんなにきれいに,目立たなくなる」という素晴らしい証拠であり,ヤケドの子供を持つ親御さんに勇気を与えてくれる写真だと思う。

【アドレス:http://www.wound-treatment.jp/next/case/hikari/case/057/index.htm】

左側にフレームが表示されない場合は,ここをクリックしてください