前腕屈側全域の皮膚軟部組織欠損


 症例は4歳7ヶ月の女児。5月18日,車の助手席に乗っていて車が横転し,左前腕開放骨折,前腕挫滅を受傷し,直ちに某総合病院に救急搬送され,同院整形外科に入院となる。入院後,骨折の治療などを受けたが,前腕の後半な皮膚軟部組織欠損があり,筋皮弁移植(広背筋移植と思われるが,同科からの情報がないため詳細は不明)が必要と説明されたが,両親は主治医の治療方針に納得できず,主治医の創処置の方法にも疑問を感じ,インターネットで調べて7月12日に当科を受診した。

 ご両親が疑問に感じたのは次の点であった。


 当科ではまず次のように説明した。

 以上を説明し,了解の上で治療(・・・と言っても,ワセリンを塗布したプラスモイストで覆うだけ)を開始したが,最初の数週間は患児の「治療に対する恐怖」を取り除くことに腐心した。幼稚園のこと,好きなテレビ番組のこと,好きな食べ物のこと,幼稚園の友達のことなど,彼女が興味を持ちそうなことについて一方的に話しかけ,話題を連発することで,少しずつ話を聞いてくれるようになった。その結果,1ヶ月くらいたった頃から処置をする際に騒ぐことがなくなり,その後は治療に協力してくれるようになった。多分,「このオジサン,変なやつだけど,ちょっとだけお喋りにお付き合いしてやってもいいか」みたいに思ってくれたのかもしれない。


 以下,治療経過を時系列で示す。

7/12 7/13 7/20 8/3 9/1

9/24 10/29 12/10 12/24 1/7 2/4


 初診時,創面はソフラチュール・ガーゼで覆われ,その上をゲーベンクリームを塗ったガーゼが覆っていた。そのため,ソフラチュールを剥がす際にかなりの出血を見た。剥がされる患者も拷問だったと思うが,剥がす医者の方も泣きたくなった。ソフラチュールを貼ったアホ医者(=前医)を呪いたくなった。

 だが,治療開始の翌日には明らかに肉芽の様子が変化し,出血がなくなった。以後はプラスモイスト被覆のみでゆっくりと上皮化が進み,8月24日からは肉芽収縮を狙ってリンデロンV軟膏を使用した。

 12月中旬から急速に上皮化が進み,翌年の2月には全て上皮化したが,手関節部〜前腕遠位に高度の瘢痕拘縮を認めた。今後,瘢痕拘縮形成術の予定である。


 とりあえず,前腕屈側全体程度の皮膚軟部組織欠損であれば,保存的治療で上皮化することがわかる。

 ちなみに,当科初診の時点で手関節は拘縮し,伸展装具をつけていたが,結局は屈曲拘縮を生じてしまった。早期から「痛くない治療」をしていたら,もしかしたら手首が動かせて,屈曲拘縮の発生も防げていたかも・・・と思うと,「痛い創処置」がどれほど罪深いものかがよく分かると思う。

(2011/09/06)

左側にフレームが表示されない場合は,ここをクリックしてください