手掌熱傷:1歳3ヶ月児


 症例:1歳3ヶ月男児。大阪在住。
 5月28日,自宅で熱したアイロンに触り,左手掌の熱傷受傷。直ちに救急病院に搬送されて処置を受けて帰宅。その後,熱傷の専門医をネットで探し。大阪市内の熱傷学会会員である美容外科クリニックを受診し,リンデロン軟膏とガーゼで治療を受けたが,処置の際に激しく暴れて号泣し,ガーゼを剥がすたびに出血して傷が深くなっていき,良くなっているように見えないため治療に疑問を感じた,
 インターネットで検索し,6月3日に大阪から当科外来を受診。

 以後は大阪市内で湿潤治療をしているこおりた ひろ整形形成外科クリニックへ紹介となり,6月4日より通院。治療はプラスモイスト(R)で行った。

6月3日 6月6日
3度熱傷のように見える

6月8日 6月14日
急速に上皮化が進んでいる

6月18日 6月25日
瘢痕拘縮なし


 以下,患者さんのご家族〜のメールです。

 息子が左手にアイロンで熱傷を負いましたが、夏井先生を頼りに一念発起、東京へ飛び受診させて頂きました。
 傷の痛みと緊張でこわばった子供を相手に、入室時から気さくに接してくださり、私達の話を親身に聞いてくださいました。そして「必ず治りますから」という先生の一言を聞いた時に,それまで不安でたまらなかった私達の心は救われました。

 その後、夏井先生のご紹介で受診した新大阪の郡田先生も大変やさしく接してくださり、毎回丁寧に説明と治療を施して下さいました。本当に良い先生をご紹介いただき感謝しております。
 あれから三週間が過ぎ、夏井先生が最初に言われた通り、日に日に傷は回復し、今週の受診をもって治療は終了と郡田先生が言ってくださいました。まだ完治したわけではありませんが、上皮が全面を覆う所まで回復し、自分で指を動かせるようになりました。

(2013/07/08)

左側にフレームが表示されない場合は,ここをクリックしてください