乳児顔面〜頸部熱傷


 症例は1歳0ヶ月女児。2013年1月27日夕方,テーブルの上の紅茶をひっくり返し,顔面から頸部にかけてヤケドした。直ちに順天堂病院に救急搬送され,アズノール軟膏を処方されてその日は帰宅した。
 治療に不安になり,ネットで調べて翌日,当科を受診した。受傷当日から高熱が出ていた(受傷数日前に患者の姉がインフルエンザにかかっていた)こともあり,当院小児科に入院となった。

 当科では顔面は白色ワセリンの頻回塗布,頸部はプラスモイスト(R)の被覆で治療した。その後,頸部の被覆をズイコウ ハイドロコロイド包帯に切り替えた。

 顔面は既に「顔をヤケドしたって聞いたけど,どこをヤケドしたの?」状態で全くわからないが,頸部は軽度の肥厚性瘢痕となり,現在,ドレニゾンテープ(R)貼付で経過観察中である。

1月28日:顔面 1月28日:頸部〜耳介 1月28日:後頭部

1月30日 1月30日

2月1日 2月4日

2月8日 2月8日

2月14日

2月27日 3月7日

3月12日 3月12日

5月8日 6月19日

11月5日

(2013/08/19)

左側にフレームが表示されない場合は,ここをクリックしてください